誰にも聞けないけど、どうしたらいい?結婚式のご祝儀の3つのマナー

ご祝儀の相場はいくら?

ご祝儀は少なすぎると「ケチ」と思われたり、多く包み過ぎてしまうと「見栄っ張り」と思われたりして、難しいものですね。結婚式に参加する側としては、悩みの一つとなる人もおいのではないでしょうか。ご祝儀は地域や家のしきたりなどによって左右される場合が多いのですが、一般的には新郎新婦が友人の場合はおおよそ2~3万円が相場と言われています。また会員制の結婚式披露宴では、ご祝儀ではなく、一般の相場よりも少ない金額となる可能性が高いです。

ご祝儀袋の包み方はどうする?

結婚式に参加する際にご祝儀袋を持って行く際には、ふくさに包んで持って行くようにしましょう。間違ってもかばんや服のポケットなどから出して、受付で渡すのは辞めておきましょう。一般的なマナーとしては、会場の受付にて「本日はおめでとうございます」と挨拶をしてから、鞄からふくさを取り出して開いてご祝儀袋を取り出すようにしましょう。そして渡す際には相手から見て文字が読める方向になるように向けて、両手を添えて渡すようにします。

万が一欠席する場合のお祝いはどうする?

返信はがきには出席を書いていたけれど直前になって欠席と分かった場合は、結婚当日に持参する予定だったご祝儀を全額お祝い金として、後日渡すようにしましょう。1~2週間前に欠席が分かった場合は、用意していたご祝儀の三分の一~二分の一程度のお祝い金またはお祝いの品を贈るようにしましょう。直前の場合は料理や引き出物のキャンセルが効かないですが、1~2週間前であればキャンセルが効く可能性もあります。そのため欠席だと分かった場合は、出来るだけはやめに連絡しておくのがマナーとなります。

福岡の結婚式場をお考えの方、インターネットで情報を検索すると希望の式場が見つけられます。検索ワードには、希望のチャペルで少人数や神社で和装などを入れると的を絞った場所が出てきます。