どこに住む?初めての単身赴任の住まい選び

基本はやはり賃貸マンション

単身赴任に初めて出発するというときにはどこに住もうかと悩んでしまいがちです。賃貸生活の経験がある人ならまずは基本として賃貸マンションを選ぶことになるでしょう。二年程度の契約になるため、あまり期間が長くない場合には解約が必要になることも念頭に置いた選び方が大切です。家具や家電を揃えなければならないことも考えなければならないでしょう。そのコストと処分の手間を考えて、家具付きの物件を探すのも賢明な考え方です。

期間が短いならウィークリーマンション

期間が短い単身赴任ならウィークリーマンションやマンスリーマンションの利用も考えてみると住みやすくなります。家具や家電だけでなくインターネット接続などの準備も整っていて、到着したら消耗品だけ準備すればすぐに住めるのがメリットであり、仕事が忙しいならまずは考えて見た方が良いでしょう。数週間から一年程度であれば賃貸マンションよりも安上がりになることも多いため、費用を削減したいときにも目を向ける価値があります。

ホテル住まいは意外に便利

より短い期間ならホテル住まいで過ごしてしまうのも悪い考え方ではありません。安いビジネスホテルを探せば数週間であれば滞在できるでしょう。家事を行う必要がほとんどなくなるのがメリットであり、食事は外食や中食にして、洗濯もコインランドリーを使えば問題がありません。費用が会社持ちであまり期間も長くないのがはっきりとわかっているときの単身赴任なら、ホテル住まいも考慮してみると便利に過ごすことができるでしょう。

単身赴任の家具はわざわざ探すのは大変です。しかし、単身赴任専用の物件なら家具付きという条件のものも存在しているので、探す手間が省けます。