二人で話し合い納得した結婚式をしましょう

どんな結婚式が良いかを決めましょう

一昔前なら、結婚式には多くの人たちが集まっていただいて盛大に祝ってもらったのですが、最近は、ライフスタイルの変化によっていろいろな結婚式が見られるようになりました。海外ウエディングなどは新婚旅行と結婚式を両方行い、仮に招待客はいなくても割と素敵な気分で結婚式を挙げられます。また、結婚式専門の教会などで結婚式だけを行い、披露宴は行わない方もいます。その場合は、親族だけでお食事会が一席設けられる場合があります。他にも写真屋で衣装だけ着て、写真だけの結婚式をする方もいます。

親族だけの結婚式のスタイルもあります

いろいろな結婚式がある中で、お互いの親族だけはずっとお付き合いをしていかなければならないので、結婚式に呼んでお祝いしてもらうやり方もあります。今まで育ててもらったご両親に晴れの姿を見てもらうことも親孝行の一つです。こうして規模を小さくすれば、それだけ結婚式にかかる費用は安くなり、むしろその分を結婚生活の方を充実させるために使うことができます。ただ、どんな結婚式を挙げるにしろ招待客のリストはどこかで線引きしなければなりません。たまたま、親族という線引きをしたとも言えます。

親族のみの結婚式だからこそ温かな雰囲気で

親族のみの結婚式で祝ってもらえるからこそ、温かな雰囲気で終始なごやなままに一生記念に残る結婚式となるはずです。また、人数も少ないことで、当日、遠方から来る方のホテルや交通機関の手配なども少ないので新郎新婦にとっては負担になりません。招待客が多いと誰が誰かわからずに終わってしまいますが、少ないと当日でしっかりと名前を覚えるということもできます。これはこれからの親戚つきあいにとって、大きなプラスになります。

少人数での結婚式は家族や友人などごく親しい人だけを招くため、余計な気づかいをする必要もなく、予算に合わせて様々なスタイルで行うことができます。